TOP / DXF-W
dxf-w

DXF-W

ワイヤーカット用 CAMシステム

【CAM部の特徴】

  1. 閉じた形状、開いた形状、コアレス、上下異形状などの加工指示ができます。
  2. 形状ごとに、加工パターン、加工条件、加工回数、テーパーなど設定できます。
  3. 加工パターン、加工条件、加工回数などの組合せができるので、プレート加工データを1本のNCデータで作成できます。
  4. 閉じた形状の任意位置へアプローチすることができます。
  5. 多重加工の加工方向を正逆にすることができます。
  6. 多重加工時に多重残量を設定することにより、アプローチ部にスジがつかない高精度加工ができます。
  7. 切り落とし条件を設定できるので、アプローチ部の研磨仕上げに対応できます。
  8. コアレス加工の仕上げには、テーパーや多重加工を設定できます。
  9. 下穴を空けられない微小な形状は、外からアプローチしてコアレス加工ができます。
  10. 閉じた形状、開いた形状に上下異形状の加工ができます。(複数加工も可能)
  11. 部分条件や部分テーパーが簡単に設定できます。

DXF-W

【加工パターン】

  1. 豊富な加工パターンの組合せを使って、プレート加工ができます。
  2. 異なるパターンで加工指示した場合でも、工程ごとに加工していく為、切り落としが1回で済み加工時間の短縮及び工数削減ができます。

NEOCAD-W_加工パターン

【ポストプロセッサー登録】

  1. 10種類のポストプロセッサーが登録できます。
  2. ポストプロセッサーは自由に作成できるので、様々な機械メーカーに対応したNCデータを出力することができます。

NEOCAD-W_ポスト

【加工条件登録】

  1. 板厚、材質ごとに加工条件を登録できます。
  2. 1つの板厚、材質に5thまでを9種類、11thまでを1種類登録できます。

NEOCAD-W_加工条件

【上下異形状】

  1. 加工パターンを3種類用意しています。
  2. オフセット量などの設定条件を変更した複数加工指示ができます。
  3. XYインクリ、UVインクリ、XYアブソリュートなど、各メーカーに応じた5種類の出力方式を用意しています。

NEOCAD-W_上下異形状 NEOCAD-W_上下異形状出力方式

【動作環境】

OS Windows 2000, XP, Vista, 7, 8,8.1, 10, 11
CPU Intel Core, Pentium, Celeronシリーズ 1GHz以上 または互換プロセッサー
メモリ 512MB以上
ディスプレイ解像度 1024 × 768以上

* お客様による自作PCおよびカスタマイズPCでは正常に動作しない場合がございます。

ページのトップへ戻る